◇色目  ご指定の色目で染め上げます

染め上がり例  こちら

誂え染の流れ(詳細手引き)
ご注文を受ける 白生地と色見本帳を発送 白生地のご確認、色目をお選びいただきます。 みやこさかえに白生地を返送する 白生地を
染めてお届け
・お値段には、白生地、八掛、胴裏、染め代が含まれております
・色は、雑誌の切り抜きやお手持ちの布でも問題御座いません。
・お荷物のご返送はお客様負担でお願いいたします




◇素材  絹 (表地・裏地)



◇用途 



◇文様分類 



◇サイズ 巾390mm×長さ13m(裄丈73.5cmまで可)



◇内容 表地・八掛地・胴裏



◇産地 表地・八掛:丹後 胴裏:福井



◇染色 池山染工  



◇生地品質 最高の糸を厳選し高いレベルの技術で織り上げられた高品質生地です

最高の糸を厳選し高いレベルの技術で織り上げられた高品質生地です



◇特徴 

双葉葵は、葉はほぼハート形。一つの茎から枝分かれして二枚の葉が出る植物で、茎の間に淡紅色の花をつけます。花言葉「細やかな愛情」

京都の洛北一帯に植生していたらしく、信仰の対象として古くから多くの人々に親しまれ、神饌としても献上されます

京都上賀茂神社の神紋とされ、別名「賀茂葵」といいます。徳川家の三つ葉葵が有名でございますが、双葉葵を紋章化したものとされています。

優美な曲線の持つ格調の高さと、ハート形の葉の形状の愛らしさを併せ持つ、雅やかなイメージの文様です。

色目によっては慶弔両用にお召しいただける文様でございます。 歴史によって淘汰されずにいまだに残り続けた幾多の優れたデザインの中から、さらに選び抜いた文様をこの色無地の地紋として再現いたしました。光沢感を抑えた生地の表情と洗練された古来の文様は、控えめですが確かな存在感を放ち、非常に高度で繊細な美意識と品の良さは、見るものを魅了します。


◇八掛

八掛地の地紋をセレクトボックスで選択できます。

唐草文八掛-選択しない場合。艶感を抑えた落ち着いた表情の素材です。

緞子地七宝文八掛-艶感のある緞子素材。追加料金3,000円税別です。

桐竹鳳凰 縫取り八掛-桐竹地紋に鳳凰の縫い取り柄の特別八掛です。追加料金8,000円税別です。



◇お仕立 

ご希望の方のみ、同梱の仕立注文書、もしくは下記リンク先よりご注文下さい。



◇返品

未仕立・未加工の商品のご返品は、お荷物到着から7日以内にご連絡下さい。

仕立・紋入・ガード加工済の商品は返品できません。



◇備考 

お見積もり例

反物+袷仕立+抜き紋の場合、<103,000円+消費税>
反物+単衣仕立+抜き紋の場合、<92,000円+消費税>



◇別注染めQ&A

Q.誂え染めの良い点は?

自分の雰囲気に合った地模様・色目の好み通りの着物を作ることができます。自分だけのきものを作ることができます。また、ゆくゆく、染め替え等をお考えの場合、当店に申し付け下さい。

Q.誂えで失敗しないには?

ご自分がどのようなものを作りたいかイメージをお持ちください。好きな色目より、似合う色目をお探し下さい。 当店に御来店いただきまして、様々な色目をお顔に当てると、一番判りやすいですが、遠方でお越しになれない場合は、大きめの色見本布をお送りいたしますので、ご相談下さい。

Q.染め上がりが気に入らない場合は?

お仕立する前でしたら、染め直しいたしますので、ご注文の際、染め上がりの反物の染め上がり確認を申し付け下さい。

Q..お値段は?

誂え染でも、追加料金は発生いたしません、染め上がりと同額です。

Q.手間がかかるのでは?

既製品と比べて、お手間はかかります。色目や地紋を選ぶ楽しみや、自分で作った着物が実際に出来上がる喜びが、誂え染の良さでございます。